山形県

山形県

「さくらんぼ」の全国生産量の7割を占め、日本百名山に数えられる秀麗な山々や、最上川をはじめとする美しい自然が、人々と調和して「もう一つの日本」が広がる「やまがた」。
「奥の細道」を旅した松尾芭蕉が出羽三山を目指したように、いにしえより精神文化の地としてあがめられてきました。
村山、最上、置賜、庄内と大きく4つの地域に分けられ、地勢や江戸時代の幕藩体制の名残から、方言や食べ物などの文化も少しずつ異なります。

Enjoy the journey of Southern Tohoku

East Japan Travel information
提供:山形県商工労働観光部

 マップは拡大・縮小が可能です

山形県・各エリアの観光情報

山形県 村山エリア 置賜エリア 最上エリア 庄内エリア
■ おすすめリンク
 東北観光推進機構  やまがた花回廊
とれいゆ つばさ 季節のイベント列車
山形の秋
松が岬公園

松が岬公園

例年の見頃 : 11月上旬~11月中旬
■アクセス/JR米沢駅より市街地循環バス右回りで約10分
 鎌倉時代に築城され、長井・伊達・蒲生・上杉の歴代藩主の居城だった跡地は、四季折々市民の憩いの場として親しまれています。園内には米沢藩上杉家の家祖・上杉謙信を祀る上杉神社や、上杉家伝来の宝物を収蔵した稽照殿も。園内は桜の名所だけあって、紅葉する桜が楽しめます。お堀に枝垂れるように枝を伸ばして色づく紅葉はひと味違った秋の風情に。

詳細をウェブサイトで見る
最上川舟下り

最上川舟下り

例年の見頃 : 10月下旬~11月上旬
■アクセス/JR古口駅より徒歩約5分(戸沢村船番所)
 ブナやカエデ、ナラなどが色づく季節、のんびり舟下りを楽しんではいかが。義経伝説が残る最上川は芭蕉があの名句を詠み、江戸時代になると交易で栄えた歴史が。当時の舟運事情は、船頭さんが自慢の喉を披露する「最上川舟唄」の歌詞に偲ばれます。時に山形弁を交えながら、英語や中国語、韓国語に訳して歌う船頭さんもいて、舟旅に彩りを添えてくれます。

詳細をウェブサイトで見る
山寺

山寺

例年の見頃 : 10月下旬~11月上旬
 貞観2年(860)慈覚大師により創建された山寺は、仙山線エリア随一の紅葉の名所です。山寺駅を降り立つと、すぐさま絶景がお出迎え。東北屈指の霊場が一年で最も華やかに彩られる時期にぜひ参詣を。夜になると「宝珠山ライトアップ・光のロードスタート」を実施。五大堂や開山堂をライトアップし、お堂が夜の暗闇の中に浮かび上がる夜の山寺を満喫できます。また、JR山寺駅から根本中堂までの参道はキャンドルが灯され、優しい灯りが満ちた神秘的な雰囲気に包まれます。 宝珠山ライトアップ・光のロードスタート ■アクセス/JR山寺駅より徒歩約5分
■ライトアップ期間/10月27日(日)~11月10日(日)予定
■問い合せ先/山寺観光協会
023-695-2816

詳細をウェブサイトで見る
羽黒山

羽黒山

例年の見頃 : 10月下旬~11月上旬
 湯殿山、月山と並び「出羽三山」のひとつに数えられる羽黒山の山頂には、三山の神様を合祭した三神合祭殿があり、参道には国宝の五重塔がそびえています。平将門の創建と伝えられる五重塔は、高さ約29mの三間五層柿葺素木造。国の天然記念物の杉並木の中に佇む姿は、ライトアップされることで一層荘厳な趣に。樹齢千年以上といわれる「爺杉」など、力強い自然とともにお楽しみください。 国宝羽黒山五重塔ライトアップ(夜間参拝) ■ライトアップ期間/10月27日(日)までの土・日・祝日
■時間/17時半~20時半(受付終了20時)
■アクセス/JR鶴岡駅より庄内交通バスで約50分
■問い合せ先/羽黒町観光協会
 0235-62-4727

詳細をウェブサイトで見る
のってたのしい列車