宮城県

宮城県

宮城県は、政令指定都市仙台を抱え、人口約233万人が暮らす東北の中心地です。
東は太平洋に面し、豊かな漁場と日本三景の一つ松島をはじめとする風光明媚な観光地があり、西には蔵王・船形・栗駒などの山々が連なり四季折々の姿を見せ、中央部には有数の穀倉地、仙台平野が広がります。
海・山・川・平野が調和した自然景観や歴史的な文化遺産、伝統的な祭りや行事など、全国に誇れる質の高い観光資源に恵まれています。

Enjoy the journey of Southern Tohoku

East Japan Travel information
提供:宮城県観光課

宮城県・各エリアの観光情報

宮城県 松島エリア 県北エリア 三陸エリア 県南エリア
■ おすすめリンク
 東北観光推進機構
宮城 秋の旅

宮城の自然

鳴子峡

鳴子峡

10月中旬から11月中旬にかけて、大谷川が刻んだ深さ100メートルにおよぶ大渓谷が、紅葉により鮮やかに色づきます。鳴子峡レストハウスの見晴台からの眺めは絶景で、2.2kmの大深沢遊歩道では、紅葉を見ながら散策することもできます。

詳細をウェブサイトで見る

宮城の自然

北上川ヨシ原

北上川ヨシ原

北上川河口域のヨシ原は、日本でも数少なくなったヨシの群生地です。秋から冬にかけて金色に染まる景色は見ごたえがあります。また、川面を渡る風がヨシのすれ合う音を誘い、風の強弱によりいろいろな音色を醸し出し、その音色は環境省の「残したい“日本の音風景100選”」にも選ばれています。

詳細をウェブサイトで見る

宮城の

金華さば

金華さば

日本有数のブランド魚である金華さば。“世界三大漁場”のひとつである三陸・金華山沖から石巻港に水揚げされた、脂の乗った大型の真サバだけが金華さばとして出荷されます。9月~1月頃に旬を迎えます。

詳細をウェブサイトで見る

宮城の歴史・イベント

仙台市博物館 特別展 伊達政宗-生誕450年記念

仙台市博物館 特別展
伊達政宗-生誕450年記念

仙台藩初代藩主・伊達政宗の生誕450年を記念して開催される特別展。
仙台市博物館の館蔵資料はもとより、国内各地に残る多彩な関連文化財230件から、彼の足跡や生涯をたどります。
動乱の時代を駆け抜け、泰平の世を生きた伊達政宗の人物像に迫る、かつてない規模の「大政宗展」をぜひご覧ください。
■会期:10/7(土)~11/27(月)
※会期中、一部展示替あり(前期:10/7(土)~10/29(日)、後期:10/31(火)~11/27(月))
※詳細はウェブサイトをご確認ください

詳細をウェブサイトで見る
のってたのしい列車