宮城県

宮城県

宮城県は、政令指定都市仙台を抱え、人口約233万人が暮らす東北の中心地です。
東は太平洋に面し、豊かな漁場と日本三景の一つ松島をはじめとする風光明媚な観光地があり、西には蔵王・船形・栗駒などの山々が連なり四季折々の姿を見せ、中央部には有数の穀倉地、仙台平野が広がります。
海・山・川・平野が調和した自然景観や歴史的な文化遺産、伝統的な祭りや行事など、全国に誇れる質の高い観光資源に恵まれています。

Enjoy the journey of Southern Tohoku

East Japan Travel information
提供:宮城県観光課

宮城県・各エリアの観光情報

宮城県 松島エリア 県北エリア 三陸エリア 県南エリア
■ おすすめリンク
 東北観光推進機構
宮城 春の旅

宮城の

みやぎサーモン

みやぎサーモン

宮城県は養殖銀ざけの出荷量が全国1位で、全国生産量の90%以上を占めています。水揚げの際に「活け締め」、「神経締め」と呼ばれる鮮度維持のための処理を施すことで、高品質、高鮮度な生食用のサケを「みやぎサーモン」と名づけています。身にツヤと張りがあり、とろけるような食感とあまい食味が特徴の「みやぎサーモン」を是非御賞味ください。

詳細をウェブサイトで見る

宮城の体験

いちご狩り

いちご狩り

東北一のいちご産地である亘理町、山元町では観光農園で名物のいちご狩りが6月中頃までお楽しみいただけます。また、朝採りの新鮮ないちごはもちろん、いちごのワインをはじめとした加工品の販売もあり、いちごの魅力を存分に味わえます。

詳細をウェブサイトで見る
詳細をウェブサイトで見る

宮城のイベント

東北絆まつり

東北絆まつり

2011年7月に仙台で初開催となった東北六魂祭は、昨年6月の青森開催で6市を一巡しました。そしてこの度、更なる復興とその先の未来に向けて前進するために、新たな祭り「東北絆まつり」が6月10日・11日の2日間、仙台市で開催されることになりました。

詳細をウェブサイトで見る

宮城の歴史・文化

志波彦神社・鹽竈神社

志波彦神社・鹽竈神社

東北鎮護・陸奥国一之宮として古くから崇敬を集めており、本殿以下14棟の建物と石鳥居一基が国重要文化財に指定されています。
境内に咲く27本の鹽竈桜は国指定の天然記念物で、例年4月下旬ころに見頃を迎えます。

詳細をウェブサイトで見る
のってたのしい列車