南東北観光情報

宮城
山形
福島

Enjoy the journey of Southern Tohoku

East Japan Travel information

駅からハイキング 駅長オススメの小さな旅
■ おすすめリンク
 東北観光推進機構
 笑顔咲くたび 伊達な旅
 やまがた花回廊
 極上の会津
宮城 四季の旅

宮城の

気仙沼のつつじ

気仙沼のつつじ(三陸)

日本一のつつじの名所と呼び名の高い徳仙丈山は毎年5月中旬から6月上旬にかけ満開を迎え山全体を赤やオレンジ色に染め上げます。眼下に広がる燃え立つようなつつじは、太平洋のコバルト・ブルーと絶妙なコントラストを織りなし、雄大で荘厳な光景がご堪能いただけます。


詳細をウェブサイトで見る

宮城の

仙台七夕まつり

仙台七夕まつり(仙台)

伊達政宗公の時代より伝統行事として受け継がれている仙台七夕まつりは、8月6日から8月8日にかけて開催されます。最大の魅力は豪華絢爛な七夕飾りです。織姫の織り糸をイメージした吹き流しや、くす玉、短冊など1つ1つに意味のある七つ飾りが特徴。東北の夏を代表するお祭りです。


詳細をウェブサイトで見る

宮城の

鳴子峡

鳴子峡(県北)

10月中旬から11月上旬にかけて、大谷川が刻んだ深さ100メートルに及ぶ大峡谷が紅葉におおわれます。鳴子峡レストハウスの見晴台からの眺めは、まさに絶景です。近くには2.2kmの大深沢遊歩道があります。


詳細をウェブサイトで見る

宮城の

蔵王の樹氷

蔵王の樹氷(県南)

樹氷は、アオモリトドマツの木に氷と雪が付いたもので、日本でも限られた地域にしか見られません。樹氷の細部は、エビの尻尾のような形をしており、これが成長して大きくなります。 雪と氷が織りなす造形美は、厳冬の蔵王の風物詩になっています。


詳細をウェブサイトで見る
山形 四季の旅

山形の

伊佐沢の久保桜(置賜)

伊佐沢の久保桜(置賜)

樹齢約1,200年のエドヒガンザクラ。木の周囲は木道が整備されていて、360度観賞できます。開花中の夜にはライトアップされた夜桜もお楽しみいただけます。


詳細をウェブサイトで見る

山形の

日本海の夕陽(庄内)

日本海の夕陽(庄内)

庄内エリアから見る日本海に沈む夕日は格別の美しさ。時間を忘れて眺めてしまう、壮大な景色をご覧ください。


詳細をウェブサイトで見る

山形の

最上川舟下り(最上)

最上川舟下り(最上)

最上川の流れに身をまかせ、雄大な自然の中で船頭の舟唄と絶妙なガイドを聞きながら、船上からの紅葉をお楽しみいただけます。


詳細をウェブサイトで見る

山形の

山形蔵王の樹氷(村山)

山形蔵王の樹氷(村山)

蔵王連峰の特殊な気象条件と植生が織りなす自然の芸術「樹氷」。夜は、期間限定のライトアップで浮かび上がる幻想的な樹氷をお楽しみいただけます。


詳細をウェブサイトで見る
福島 四季の旅

福島の

花見山(中通り)

花見山(中通り)

梅や桜だけでなくハナモモ、レンギョウ、モクレンなどが一斉に咲き誇る花の名所。その美しさは写真家の故秋山庄太郎氏に「桃源郷」とまで言わしめるほど。4月のシーズン中には全国からお客様が訪れる。


詳細をウェブサイトで見る

福島の

アクアマリンふくしま(浜通り)

アクアマリンふくしま(浜通り)

黒潮と親潮が出会う「潮目の海」。アクアマリンふくしまは、福島の海の大きな特徴である太平洋の「潮目」をテーマに、様々な視点から海の不思議を解き明かす新しいタイプの海洋ミュージアム。


詳細をウェブサイトで見る

福島の

磐梯吾妻スカイライン(中通り)

磐梯吾妻スカイライン(中通り)

見所は作家井上靖の命名による「吾妻八景」で、自然の創り上げた雄大でダイナミックな景観は、季節の色彩とともに大自然の営みの不思議さを満喫させてくれる。日本の道100選


詳細をウェブサイトで見る

福島の

大内宿(会津)

大内宿(会津)

江戸時代には会津西街道の宿駅として栄え、旅の要所として重要な役割を果たしてきた地域で整然とした屋敷割や本陣、脇本陣など当時の姿をとどめる国重要伝統的建造物群保存地区です。まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような錯覚におちいる。


詳細をウェブサイトで見る
のってたのしい列車