【本塩釜駅】
夏の開放感あふれる浦戸諸島を満喫

スポット紹介

photo

マリンデッキ塩釜

延長372m、高さ6m。マリンゲート塩釜へ繋がる遊歩道や連絡通路として活用される他、津波等の災害時には約500人の避難場所になります。また、松島湾を望める絶景ポイントであり、景色の他、毎年7月海の日に行われる「塩竈みなと祭」志波彦神社・鹽竈神社の神輿を奉安する御座船「龍鳳丸」「鳳凰丸」をデッキから見ることができます。


■問い合せ先:022-364-1165


ウェブサイトはこちら
photo

みなとオアシス・マリンゲート塩釜

旅客ターミナル施設で、観光桟橋から日本三景松島への遊覧船や浦戸諸島への定期船が運航しています。館内には、塩竈や近隣地域の笹かまぼこ等の特産品を取り扱うお土産店や、地元の美味しい料理を食べさせてくれる寿司店、中華料理店、イタリア料理店等の飲食店があり、塩竈ならではの旅心地を満喫できます。


■住所(開催場所):塩竈市港町1-4-1
■問い合せ先:022-361-1500


ウェブサイトはこちら
photo

浦戸諸島(野々島・寒風沢島)

みなとオアシス・マリンゲート塩釜から市営汽船で気軽に訪れることができる松島湾内に浮かぶ唯一人が住む離島であり、観光地としても有名です。島ならではの歴史や文化、ゆったりとした時間や空気、四季折々の非日常を楽しむため多くの人が訪れます。特に夏には各島で季節ならではのゆったりした心安らぐ自然にリラックスできます。野々島のラベンダー畑や古道、寒風沢島の化粧地蔵やしばり地蔵等を探しに出かけてみてはいかがでしょうか。
※浦戸諸島では、7月22日~8月27日の期間は桂島海水浴場が開設されています。


■住所(開催場所):塩竈市浦戸諸島
■問い合せ先:塩竈市観光交流課:022-364-1165


ウェブサイトはこちら

スポットマップ

マップを印刷する
のってたのしい列車

東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社

【本塩釜駅】
夏の開放感あふれる浦戸諸島を満喫

スポット紹介

photo

マリンデッキ塩釜

延長372m、高さ6m。マリンゲート塩釜へ繋がる遊歩道や連絡通路として活用される他、津波等の災害時には約500人の避難場所になります。また、松島湾を望める絶景ポイントであり、景色の他、毎年7月海の日に行われる「塩竈みなと祭」志波彦神社・鹽竈神社の神輿を奉安する御座船「龍鳳丸」「鳳凰丸」をデッキから見ることができます。


■問い合せ先:022-364-1165

photo

みなとオアシス・マリンゲート塩釜

旅客ターミナル施設で、観光桟橋から日本三景松島への遊覧船や浦戸諸島への定期船が運航しています。館内には、塩竈や近隣地域の笹かまぼこ等の特産品を取り扱うお土産店や、地元の美味しい料理を食べさせてくれる寿司店、中華料理店、イタリア料理店等の飲食店があり、塩竈ならではの旅心地を満喫できます。


■住所(開催場所):塩竈市港町1-4-1
■問い合せ先:022-361-1500

photo

浦戸諸島(野々島・寒風沢島)

みなとオアシス・マリンゲート塩釜から市営汽船で気軽に訪れることができる松島湾内に浮かぶ唯一人が住む離島であり、観光地としても有名です。島ならではの歴史や文化、ゆったりとした時間や空気、四季折々の非日常を楽しむため多くの人が訪れます。特に夏には各島で季節ならではのゆったりした心安らぐ自然にリラックスできます。野々島のラベンダー畑や古道、寒風沢島の化粧地蔵やしばり地蔵等を探しに出かけてみてはいかがでしょうか。
※浦戸諸島では、7月22日~8月27日の期間は桂島海水浴場が開設されています。


■住所(開催場所):塩竈市浦戸諸島
■問い合せ先:塩竈市観光交流課:022-364-1165


東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社

【本塩釜駅】
夏の開放感あふれる浦戸諸島を満喫

スポットマップ

  • ①マリンデッキ塩釜:JR仙石線本塩釜駅より徒歩で約15分
  • ②みなとオアシス・マリンゲート塩釜:マリンデッキ塩釜より徒歩で約10分
  • ③浦戸諸島:みなとオアシスマリンゲート塩釜より市営汽船で約45分(野々島まで)野々島―寒風沢島間は無料渡船が利用できます(tel:080-5560-5717)

東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社

【本塩釜駅】
夏の開放感あふれる浦戸諸島を満喫

マリンデッキ塩釜

みなとオアシス・マリンゲート塩釜


東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社

【本塩釜駅】
夏の開放感あふれる浦戸諸島を満喫

浦戸諸島(野々島・寒風沢島)