【多賀城駅】
多賀城の日本遺産を巡る

chiitabi_detail_2016fuyu_img02

スポット紹介

photo

多賀城碑(壺碑)

日本三古碑の一つに数えられる奈良時代の古碑。石碑には平城京や各国境からの距離や、多賀城の創建・修造の来歴が刻まれています。また、歌枕の「壺碑(つぼの石ぶみ)」とも呼ばれています。
・特別史跡
・名勝「おくのほそ道の風景地」
・日本遺産「政宗が育んだ“伊達”な文化」構成文化財

■期間(定休日):見学自由
■営業時間(開催時間):見学自由
■費用:無料
■住所(開催場所):宮城県多賀城市市川字田屋場
■問い合せ先:022-364-5901


ウェブサイトはこちら
photo

多賀城政庁跡

多賀城は神亀元年(724)に大野東人によって創建され、陸奥国府と鎮守府が置かれました。
約900メートル四方という広大な城内の中央には、重要な政務や儀式を行う政庁がありました。発掘調査成果をもとに環境整備が行われており、平城宮跡(奈良県)、大宰府跡(福岡県)とともに日本三大史跡に数えられています
・国指定重要文化財
・名勝「おくのほそ道の風景地」
・日本遺産「政宗が育んだ“伊達”な文化」構成文化財

■期間(定休日):見学自由
■営業時間(開催時間):見学自由
■費用:無料
■住所(開催場所):宮城県多賀城市市川城前
■問い合せ先:022-364-5901


ウェブサイトはこちら
photo

陸奥総社宮

多賀城東門の東側約150メートルの道路沿いにあります。延喜年間(901~922)、陸奥国にあった100の神社の祭神を合祀して創建されたと伝えられ、塩竈神社に参拝するには、先ず総社宮に詣でることとされています。現在の拝殿は享保19年(1734)に建てられたもの。背後に広がる鎮守の森の老杉は樹齢600年。

■期間(定休日):参拝自由
■営業時間(開催時間):参拝自由
■費用:無料
■住所(開催場所):宮城県多賀城市市川字奏社1
■問い合せ先:022-368-8065


ウェブサイトはこちら
photo

東北歴史博物館

旧石器時代から近現代まで、東北地方全体を視野に入れた歴史系博物館。

■期間(定休日):月曜 (祝日の場合はその翌日)、年末年始
■営業時間(開催時間):9:30~17:00 ※入館は16:30まで
■費用:有料
■住所(開催場所):宮城県多賀城市高崎1-22-1
■問い合せ先:022-368-0106


ウェブサイトはこちら
photo

多賀城廃寺跡

多賀城とともに建立された付属寺院。太宰府観世音寺(だざいふかんぜおんじ)と伽藍(がらん)配置が同じであり、寺名も観音寺(かんのんじ)の可能性が高いと考えられています。史跡公園として全国で2番目に整備されました
・特別史跡
・名勝「おくのほそ道の風景地」
・日本遺産「政宗が育んだ“伊達”な文化」構成文化財

■期間(定休日):見学自由
■営業時間(開催時間):見学自由
■費用:無料
■住所(開催場所):宮城県多賀城市高崎
■問い合せ先:022-364-5901


ウェブサイトはこちら
photo

多賀城史遊館(多賀城市埋蔵文化財調査センター体験館)

まが玉づくりや火おこし体験など、昔の人々の技を体験しながら歴史の勉強ができる学習施設です。
さまざまな体験メニューを取りそろえており、大人から子供まで楽しめます。縄文時代から江戸時代まで、多賀城の歴史を発掘資料でたどる展示室もあります。

■期間(定休日):月曜 (祝日の場合はその翌日)、年末年始
■営業時間(開催時間):9:00~16:30 ※入館は16:00まで
■費用:無料 ※体験学習は、メニューにより材料費が必要となる場合があります。
■住所(開催場所):宮城県多賀城市中央2-25-5
■問い合せ先:022-368-3127


ウェブサイトはこちら
photo

末の松山

「ちぎりきな かたみにそでを しぼりつつ すゑのまつ山 なみこさじとは」-後拾遺和歌集 清原元輔
「きみをおきて あだし心を わが持たば 末の松山 浪もこえなむ」-古今和歌集 東歌/
「うらなくも 思ひけるかな 契りしを 松より波は こえじ物ぞと」-源氏物語 …など、 みちのくを代表する歌枕として多くの歌に詠まれています。
・名勝「おくのほそ道の風景地」
・日本遺産「政宗が育んだ“伊達”な文化」構成文化財

■期間(定休日):見学自由
■営業時間(開催時間):見学自由
■費用:無料
■住所(開催場所):宮城県多賀城市八幡
■問い合せ先:022-364-5901


ウェブサイトはこちら
photo

沖の井(興井)

「末の松山から南へ伸びる道を下ると奇石が連なる池が見えてきます。住宅地の中に取り残されたこの池が、歌枕の沖の井(沖の石)。『千載和歌集』にある二条院讃岐の歌は有名で、作者は後に「沖の石の讃岐」と呼ばれたそうです。
・名勝「おくのほそ道の風景地」
・日本遺産「政宗が育んだ“伊達”な文化」構成文化財

■期間(定休日):見学自由
■営業時間(開催時間):見学自由
■費用:無料
■住所(開催場所):宮城県多賀城市八幡
■問い合せ先:022-364-5901


ウェブサイトはこちら

スポットマップ

マップを印刷する
のってたのしい列車

東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社

【多賀城駅】
多賀城の日本遺産を巡る

chiitabi_detail_2016fuyu_img02

スポット紹介

photo

多賀城碑(壺碑)

日本三古碑の一つに数えられる奈良時代の古碑。石碑には平城京や各国境からの距離や、多賀城の創建・修造の来歴が刻まれています。また、歌枕の「壺碑(つぼの石ぶみ)」とも呼ばれています。
・特別史跡
・名勝「おくのほそ道の風景地」
・日本遺産「政宗が育んだ“伊達”な文化」構成文化財

■期間(定休日):見学自由
■営業時間(開催時間):見学自由
■費用:無料
■住所(開催場所):宮城県多賀城市市川字田屋場
■問い合せ先:022-364-5901

photo

多賀城政庁跡

多賀城は神亀元年(724)に大野東人によって創建され、陸奥国府と鎮守府が置かれました。
約900メートル四方という広大な城内の中央には、重要な政務や儀式を行う政庁がありました。発掘調査成果をもとに環境整備が行われており、平城宮跡(奈良県)、大宰府跡(福岡県)とともに日本三大史跡に数えられています
・国指定重要文化財
・名勝「おくのほそ道の風景地」
・日本遺産「政宗が育んだ“伊達”な文化」構成文化財

■期間(定休日):見学自由
■営業時間(開催時間):見学自由
■費用:無料
■住所(開催場所):宮城県多賀城市市川城前
■問い合せ先:022-364-5901

photo

陸奥総社宮

多賀城東門の東側約150メートルの道路沿いにあります。延喜年間(901~922)、陸奥国にあった100の神社の祭神を合祀して創建されたと伝えられ、塩竈神社に参拝するには、先ず総社宮に詣でることとされています。現在の拝殿は享保19年(1734)に建てられたもの。背後に広がる鎮守の森の老杉は樹齢600年。

■期間(定休日):参拝自由
■営業時間(開催時間):参拝自由
■費用:無料
■住所(開催場所):宮城県多賀城市市川字奏社1
■問い合せ先:022-368-8065


東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社

【多賀城駅】
多賀城の日本遺産を巡る

chiitabi_detail_2016fuyu_img02

スポット紹介

photo

東北歴史博物館

旧石器時代から近現代まで、東北地方全体を視野に入れた歴史系博物館。

■期間(定休日):月曜 (祝日の場合はその翌日)、年末年始
■営業時間(開催時間):9:30~17:00 ※入館は16:30まで
■費用:有料
■住所(開催場所):宮城県多賀城市高崎1-22-1
■問い合せ先:022-368-0106

photo

多賀城廃寺跡

多賀城とともに建立された付属寺院。太宰府観世音寺(だざいふかんぜおんじ)と伽藍(がらん)配置が同じであり、寺名も観音寺(かんのんじ)の可能性が高いと考えられています。史跡公園として全国で2番目に整備されました
・特別史跡
・名勝「おくのほそ道の風景地」
・日本遺産「政宗が育んだ“伊達”な文化」構成文化財

■期間(定休日):見学自由
■営業時間(開催時間):見学自由
■費用:無料
■住所(開催場所):宮城県多賀城市高崎
■問い合せ先:022-364-5901

photo

多賀城史遊館(多賀城市埋蔵文化財調査センター体験館)

まが玉づくりや火おこし体験など、昔の人々の技を体験しながら歴史の勉強ができる学習施設です。
さまざまな体験メニューを取りそろえており、大人から子供まで楽しめます。縄文時代から江戸時代まで、多賀城の歴史を発掘資料でたどる展示室もあります。

■期間(定休日):月曜 (祝日の場合はその翌日)、年末年始
■営業時間(開催時間):9:00~16:30 ※入館は16:00まで
■費用:無料 ※体験学習は、メニューにより材料費が必要となる場合があります。
■住所(開催場所):宮城県多賀城市中央2-25-5
■問い合せ先:022-368-3127


東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社

【多賀城駅】
多賀城の日本遺産を巡る

chiitabi_detail_2016fuyu_img02

スポット紹介

photo

末の松山

「ちぎりきな かたみにそでを しぼりつつ すゑのまつ山 なみこさじとは」-後拾遺和歌集 清原元輔
「きみをおきて あだし心を わが持たば 末の松山 浪もこえなむ」-古今和歌集 東歌/
「うらなくも 思ひけるかな 契りしを 松より波は こえじ物ぞと」-源氏物語 …など、 みちのくを代表する歌枕として多くの歌に詠まれています。
・名勝「おくのほそ道の風景地」
・日本遺産「政宗が育んだ“伊達”な文化」構成文化財

■期間(定休日):見学自由
■営業時間(開催時間):見学自由
■費用:無料
■住所(開催場所):宮城県多賀城市八幡
■問い合せ先:022-364-5901

photo

沖の井(興井)

「末の松山から南へ伸びる道を下ると奇石が連なる池が見えてきます。住宅地の中に取り残されたこの池が、歌枕の沖の井(沖の石)。『千載和歌集』にある二条院讃岐の歌は有名で、作者は後に「沖の石の讃岐」と呼ばれたそうです。
・名勝「おくのほそ道の風景地」
・日本遺産「政宗が育んだ“伊達”な文化」構成文化財

■期間(定休日):見学自由
■営業時間(開催時間):見学自由
■費用:無料
■住所(開催場所):宮城県多賀城市八幡
■問い合せ先:022-364-5901


東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社

【多賀城駅】
多賀城の日本遺産を巡る

スポットマップ

  • ①多賀城碑(壺碑):JR東北本線国府多賀城駅より徒歩で約10分
  • ②多賀城政庁跡:多賀城碑より徒歩で約2分
  • ③陸奥総社宮:多賀城跡より徒歩で約15分
  • ④東北歴史博物館:陸奥総社宮より徒歩で約20分
  • ⑤多賀城廃寺跡:東北歴史博物館より徒歩で約10分
  • ⑥多賀城史遊館:多賀城廃寺跡より徒歩で約15分
  • ⑦末の松山:多賀城史遊館より徒歩で約15分
  • ⑧沖の井(興井):末の松山より徒歩で約1分

東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社

【多賀城駅】
多賀城の日本遺産を巡る

多賀城碑(壺碑)

多賀城政庁跡


東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社

【多賀城駅】
多賀城の日本遺産を巡る

陸奥総社宮

東北歴史博物館


東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社

【多賀城駅】
多賀城の日本遺産を巡る

多賀城廃寺跡

多賀城史遊館(多賀城市埋蔵文化財調査センター体験館)


東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社

【多賀城駅】
多賀城の日本遺産を巡る

末の松山

沖の井(興井)